アーユルヴェーダ パンチャカルマ1日目

インド旅をここコヴァーナルビーチで締めくくろうと決めた私は

アーユヴェーダ、パンチャカルマを受けて心と身体を浄化することにしました。

何件か施設を周りここだ!を見つけました。

旅をしていると嗅覚や感覚が研ぎ澄まされて、いいもの悪いものの判断が上手になったので自分の直感を信じました。

(この人いい人だな、この人ちょっと怪しいを常に研ぎ澄ませて行きて来たインド5ヶ月目、そりゃ色々鋭くなります)

結果、ここを選んで正解でした♩

7日間のコースを選択、翌日からスタート。

アーユルヴェーダを受ける個室に案内されます。

アーユルヴェーダスタッフ「全部脱いで」

まずは椅子に座り、頭や顔を軽くマッサージ。

そのあとは、

布切れ一枚もなく裸ん坊の姿でここに寝ます。紙パンツもなしです。

裸ん坊です。

あとはスタッフにされるがママ、あたたかいOilを使い全身をマッサージ。

背面→右サイド→左サイド→正面と全ての面をマッサージしてくれます。

私一人に対してスタッフも一人です。

無音の中、大自然の中にある施設、時折 木々が風で動く音と鳥のさえずりしか聞こえません。

私の頭の中は

「あー日本に荷物送ろ。」

「今日このあと何しよう」と考え事でいっぱいでした。

「洗濯洗剤買って帰ろ」

今日の予定を考えていました。

しかし、額にOilを垂らすシロラーダは始まった瞬間、

Oilが額に落ちます。すると、、、

「息ができない!」

体が硬直して、グッと手をグーにしたのを記憶しています。

一気にフワっと頭が解放されたのがわかりました。

血管が開いたというか。締め付けが解放された感覚です。

呼吸も自然に深くなり体はリラックス。

考え事でいっぱいだった頭は記憶があるのかないのか、眠る直前のような感覚で思考も停止してあたたかいOilが額に流れる感覚だけが体にありました

ずっとこのままの状態でいたい。が正直な感想です。

20分くらいでしょうか。

ベットの上での施術は終わり、ベットから降りて、

このケースの中に座るよう指示を受けます。

これは箱型サウナのようで、首から下を蒸気で温める物でした。

韓国のよもぎ蒸しと同じ感覚です。

汗はそんなにかかず、温まった→熱い!!になりスタッフに暑い限界と言ったら終了となりました。

終わったあとは個室内にあるシャワーに。

スタッフが粘土状のパックを背面に塗ってくれて、

全面は自分で塗って、そのあとシャワーして頭洗って出て来て!

と指示してくれて、その通りに。

シャンプーはありますが石鹸はありません。

でも全然ヌメヌメしないです。

服を着てフロントに戻り、明日の予約をして1日目終了。

終わって頭はすっっきり。

血行が良いのがわかります。

血行がよくなりすぎて、ちょっと疲れたかな?みたいな感覚になったので

大人しく宿に戻り昼寝しました。

眠くなかったはずなのにベットに横になってから記憶がないです。

すぐ眠ったんでしょう。

不思議は感覚のアーユルヴェーダ パンチャカルマ1日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA