異国で体調を崩したら

北インドから南インド(現在バンガロール)へ移動して来ました。

インド生活4ヶ月目にして初めて体調を崩しました。

 

体調不良の原因はここインドでは思い当たる節しかないです。

なのでこちらも体から悪が出て行くのを待つ。それだけだ!と自分を応援しています。フレーフレ自分の体!!

 

あれ、体おかしいな?と思ったらする事

・宿に延泊したいと伝える

・水分とバナナなど軽い食料の確保

・薬を飲む

・ただの風邪だ!大丈夫寝たら治ると頭を整理して寝る

 

この4つを意識して寝て寝て2日、ベッドから起き上がる事ができました。

 

安心材料としては

滞在中の宿が大きなホテルなので予定以上の滞在が可能だったこと。

ホテルが清潔で広くてWi-Fiサクサク文句も不安もないホテルであった

ホテルの中にレストランがあり外へ行かなくても食べ物が手に入る。

19時にコンコン、「マダム部屋掃除しようか?」

22時にコンコン。「マダム、レストラン閉めるけど何か食べる?」

健康だったらウザイと思ってしまうスタッフのコンコンも安心できる材料でした笑

逆にここはインド。日本ではないのでインフルエンザの心配はない

あとは、日本からポカリスエットの粉を持って来ていたのでガブガブ飲みました。

市販の風邪薬も持っていたのでそれも飲みました。

サロンパスを持っていたので首の付け根に貼りました。(首からくる頭の痛さだった)

 

頭が痛くて朦朧としましたが日本の風邪薬を飲んで20分から5時間は痛みや辛さからかなり解放されました、日本の製薬素晴らしい!!

 

女性一人旅であることから私は多くのメディカルグッズを持ち歩いています。

重くてもこれだけは持ってく!を決めて旅を進めていたので、

体調を崩した今改めて思える持って来てよかった。。。♡が1番の安心材料だったことは確かです。

 

自分の身は自分で守る、も、限界はあります。

だけど少しの薬の準備と先手で動く事で安心は確保できますね

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA